投稿日:2022年7月15日

下地の目地の必要性とは?

こんにちは!大阪府岸和田市に事務所を構え、防水工事やシーリング工事、外壁工事などのご依頼を承っております西岡シール工業です。
弊社は、高品質な施工と丁寧な接客で、多くのお客様からご依頼をいただいております。
今回は、下地の目地についてご紹介いたします。

目地とは

外壁の目地
目地とは、レンガやコンクリートブロック、サイディングなどの外壁材などの、つなぎ目のことです。
目地は深さによって呼び方が変わり、平目地や沈み目地、深目地などと呼ばれます。
レンガなどのブロックは、見せ方でも呼び方が異なります。
ブロックをそのまま積み上げて、縦横一直線になる目地は通し目地です。
そして、ブロックを半分ずつずらしながら積み上げるのは馬踏み目地とよばれます。
他にも、大きさの違うブロックを組み合わせるイギリス張りやフランス張り、バスケットなどさまざまな種類があります。
中には、覆輪目地とよばれる目地自体を見せる特殊な目地もあり、美しい仕上がりです。

目地の必要性とは

外壁素材は、気温や湿度などが原因で膨張したり縮んだりします。
外壁材だけを張り付けてしまうと、膨張によって外壁材同士がぶつかり、ひびが入る原因にもなるのです。
そのようなことがないように、目地をつくってシーリング材と呼ばれる柔らかい素材を注入します。
目地で外壁の変化に対応することで、外壁材を守る役割があります。
また、外壁にレンガなどを使用する場合は、目地があることで一つ一つ微妙に形の違うレンガをきれいに並べることが可能です。

目地がある場所

目地はサイディングのつなぎ目やレンガの間など、外壁に多く存在しています。
また、窓と外壁をつなぎ合わせるために目地が活躍します。
外壁材と窓は違う素材なので、そのままでは隙間が空いてしまいますが、目地をつくってシーリング材を入れることで、一体化させることが可能です。

西岡シール工業へご相談ください!

キーボード・サイコロ
現在弊社では、下地補修工事や外壁工事などを承っております。
幅広い業務で柔軟に対応しており、経験豊富なスタッフが丁寧な施工をご提供いたします。
お客様のご要望を叶える最適な施工をお届けいたしますので、ぜひ弊社にお任せください。
下地補修工事や外壁工事でお困りの方は、お気軽にご相談ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

株式会社西岡工業
〒596-0045
大阪府岸和田市別所町3-39-23
TEL・FAX:072-493-3116
※営業電話お断り


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

西岡シール工業では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサー …

住宅の悲鳴のサインを見逃さないで!

住宅の悲鳴のサインを見逃さないで!

こんな住宅の症状はございませんか? □外壁に傷みや割れがある □雨上がりにカビくさい □雨漏りしてい …

防水工事の依頼先の探し方

防水工事の依頼先の探し方

防水工事の依頼先を探すときのポイント 読者の中には、防水工事をご検討中の方もいると思います。 「どこ …

お問い合わせ  採用情報